スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 寝る力

次はですよね。
枕も、柔らかさ硬さ、そして通気性に関しての考慮点は、基本的には、同じです。
問題となるのは高さですね。
実は、なぜ問題かと言うと、その日の仕事により最適な高さが日々変化し続けていることなんです。特に下を向く作業が長ければ長いほど頭が前に出た状態が長くなってしまいますし、また、気遣って、偏った状態にならないように、自分で動かすなど対応してあげているかどうか、あるいは無意識にそんな動きをしているかでも違ってきますよね。頭を後方に、つまり胸を張りながら上を向くことが少なければ少ないほど、頭は前に出やすくなってしまいます。その状態で、その形状に枕をあわせて行くと、徐々に高くなってゆくことになります。
上を向く作業が長い方は、大丈夫かと言うと、実はそうでもありません。上を向く時に胸を張りながら、カラダ全体を使っていれば良いのですが、首だけを使い上を向いてしまうと、首の弓なり状態が強くなってしまうことが考えられますよね。その場合は、頭だけでなく首の部分の補助も必要になりますよね。
一般的には、上を向く動作よりも下を向き続けることが圧倒的に多い生活です。下を向き続けるのは、精神衛生上も良くないんですよね…
実験から下を向いていると、気が沈みやすい、うつ傾向になりやすい(疾病のうつ病ではありませんよ。)、暗くなりやすいと言う結果が出ているそうです。字は違いますが、うつむくは、鬱(うつ)に向くかもしれないそうです。
胸を張りながら、空を見上げていますか?

もう一つ、枕の高さに関係するのが、腕をどれだけ使っていたか、手の作業が枕の高さにも影響してしまうんです。
横に寝た時に、通常は、肩甲骨が内側(背骨側)によってくれるのですが、腕を使いすぎて肩甲骨の周りの筋が硬くなると、この、肩甲骨の位置が調整されず、横に寝た時の頭の下の隙間が大きくなってしまいます。
その状態でいつもの高さの枕で寝た時に隙間ができた分、首が横に落ちる、つまり、横に曲げた状態となってしまうわけです。
その状態で一晩いたら、辛いですよね。
そして、当然ですがカラダの状態は、いつもどうかも重要ですが、その日の作業によっても簡単に、いつもと違う状態になってしまうこともあるんです。
なので、形状を計測してもらって、オリジナルの自分にあった枕を製作してもらうのはとても素晴らしいことなんですが、日によって変化が出るため、時間が経つと、あれ?と感じてしまうこともあるものです。
また、教科書的に「この位置が正しい」と言って強制すると、無理やりとなることもあり、首の症状を出してしまうことも良くあります。
近頃、「高いのは良くない」と急に低くしすぎて、めまいや頭痛を引き起こしてしまっている方が結構います。
何事も、ほどほど…ですね。
高さの基本は、上腕、いわゆる二の腕の厚みと思ってください。
横に寝た時に、通常は肩甲骨が高さを調整して二の腕の厚みまでは対応できるはずです。
それより低くなると、肩に負担をかけてしまい兼ねません。
この高さを基準に寝心地に合わせ、タオルなどを使って高さを調節して見てください。きっと、その日にあった寝心地の良い高さが見つけられるはずです。
また、柔らかさを求めながら高さを調整する場合には、枕の下にタオルをあてがい高さを調節するのも良いでしょう。
「寝る力」は、環境も大切です。気をつけましょう。

そして、是非、素敵な夢を見ながら快適な睡眠をとってください。
また明日も元気でありますよ〜に

<< 肩こり その1 | ホーム | 寝る力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。