スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けない努力

せっかくですから、牛島の名言をもうちょっと紹介しましょう。

なんでか分からないけど、考え方が、 えっ、ウシも?
と言うくらい、似てることが多いんですよね。
ウシはプロ野球の勝負の世界、でも、セラピストに通ずる考え方、名言が多いんですよね。

その一つが、「負けない努力」

新人で初先発、初勝利した後、まったく良いとこなしの選手が、スタジオにコンディショニングで来たとき
ちょうど、ウシの家に遊びに行くことになっていたので、その選手を誘って、一緒に行った時の話です。

ウシは、その選手に、 「おまえ、勝とうと思って投げてないか?」
と質問

選手は、怪訝そうに、当然 「はい」
それに対して、ウシが 「だから、あかんのや!」

選手は

ウシが言うには、 「勝とう」と「勝ちたい」は別物
勝つためには、相手チームより得点が上でなくちゃだめ。つまり得点できなければ、勝てない。
投手が打席に立たないパリーグでは、勝とうと思っても、自分ではどうすることもできない。
「勝とう」と言う気持ちは、 「自分一人で、自分がなんとかしなくちゃ」と言う気持ちの表れが多い。
独りよがりは、良いことない。

それに対して、 「勝ちたい」は、チームメイトを信頼すること
チームの一員として、自分の役割を認識できる。
自分だけで何とかしようとするのではなく、チームメイトを信頼しよう。 と、言うことですね。

そして、選手に伝えた言葉が

「いいか、よく聞け。 ピッチャーはな、勝つ努力じゃのうて、負けへん努力せなあかんのや。よう覚えておけ」

すごいですね。
ウシはこんなことも言ってました。
ピッチャーは、相手のタイミングを外すためリズムをわざと崩すことがあるけど、結果はあまりよくないことが多い。
ピッチャーのリズムは、自分のチームのリズムでもあるから、リズムをわざと崩すと、チームの打線も沈黙してしまうことが多い。
本当に良いピッチャーは、リズムが心地いいから、点を取られても、その点差をチームメイトが跳ね返してくれる。
点を取られても、負けがなかなかつかないんです。って

(そう言えば、昨年、とてつもない記録を作った、すごい選手がいましたね。アメリカでの活躍、期待したいですね)

逆にリズムが悪いと、少得点の1点差で、負けがついてしまうことがよくある。って

例外はありますけどね。
いっつも、本当にチームメイトを信頼し、リズムよくひたすら投げ続けている姿に、チームメイトが逆に力が入りすぎて空回り。勝ち星をつけてくれないんですよ。(泣)
でも、よ~く、見ると、そんな選手でも、序盤で崩れベンチにもどると、そんな時に限って打線が爆発して、負けを消してるんですよね。たいてい別の投手に勝ち星が行っちゃうんですけど...

「負けない努力」セラピストも大切じゃないですかね。

負けない努力は 「守る努力」 でもあります。
「期待する結果にしてやる」はまるで敵意剥き出し。
童話、北風と太陽の、北風のような感じですね。

まずは守ってあげることからはじめたいですね。


「何をするべきか」の前に、 「何がしてあげられるのか」から

<< 朝の30分 | ホーム | 長所は短所、短所は長所かも >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。