スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症に注意

天候不順で肌寒く感じる日もありますが、各地で気温30度越えの日もあり、熱中症への注意が必要になってきました。
2010年の7月から9月の2ヶ月間で、熱中症で緊急搬送された方は、全国で5万8000人を超えているそうですね。昨年は、様々な分野で対応がなされ、数は前年よりも少なくなったものの、3万8000人もの方が熱中症で緊急搬送されています。
節電が叫ばれ、今年も去年に引き続き、熱中症への注意が必要です。
熱中症は、厚労省、総務省、環境省といろいろな方面から注意が促され、熱中症とはどんなものか、なぜ熱中症になるか、どうしたら防げるか、そしてもし熱中症になってしまった時の対応はどうしたらいいかなど、詳しく説明がなされています。
なので、ここでは、あまり触れられない注意点を紹介します。

熱中症は、カラダの中に熱がこもってしまうことにより起きるものですから、カラダの状態として、水分不足、あるいは水分不足を引き起こす状態が危険となります。過度な発汗、つまり、作業の強度や作業時間によって危険度は増すと言うことになります。また、太り過ぎは体表からの冷却がし難く、カラダに熱をこもらせないためには、発汗に頼りがちとなるので危険度が上がってしまうんですね。あと、糖が出てしまうことにより水分が失われてしまいやすい高血糖のままの糖尿病を患っている方や、高血圧などの疾患で、水や塩分を排出しやすくさせるための薬を服用している方などでは、通常より危険度が増すので注意しなければなりませんね。
環境では、気温が高い、湿度が高い、風がないなど、熱の放散がし難い状態、つまり、カラダの熱を逃がすことが出来ない状態になると起きてしまうんですよね。汗まみれの服も、要注意です。
また、強度な作業であればそれだけ気温が低くても起きると言うことで、実際に気温22度で90%以上の湿度の中で作業をされていて発症した方もいます。
ちなみに、競泳でオリンピック金メダリスト(女性)がコンディショニングに来られ、その時に話しを聞かせて頂いたのですが、やはり練習で泳ぐと、時に練習前後で1.5kg体重が落ちるそうです。女性で1.5kgはかなりの量、急激な体重の変化は、水分を失った変化ですから、水の中でも水分補給は大切と言うことです。
彼女はしなかったそうですが、練習中で喉が乾いても水分補給が出来ない時は、プールの水を飲んでいた人もいるそうです。

<< 続 熱中症に注意 | ホーム | 期待と希望 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。