スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の常識!?

2013年プロ野球が開幕ですね。
サッカー、バレー、バスケットetc いろいろな競技が楽しめ、実際の競技人口も分散化しています。
その中でもやはり野球は根強いですね~。
サヨナラ逆転満塁ホームラン
なんて、もうたまらない。
逆境に立ちながら、あきらめず、最後の最後にひっくり返す。この感覚が、日本人にしっくりとマッチングしているとも言われています。
点を積み重ねてゆく競技は、大逆転はなかなか期待できません。それが、絶対的強さの証としてたまらない。と言う方もいますが、歴史的にも、逆境を乗り越えて一発大逆転と言う願いは、やはり心のどこかに誰しも持っているものなのかもしれません。
ただ、実は野球のこと、わかっているようで分かっていないことばかりなんです。
せっかく、楽しい野球が、怪我で諦めなければならなくなったり、良かれと思った練習が体を壊すもとになってしまっては良くありません。
と言うことで、今回から、しばらくこの野球を中心とした、これまでの常識が本当に常識か?について、触れていきたいと思います。

まずは、ストレート
野球を知らない方は、まっすぐってな~に?の世界でしょうね。
投手が投げ込むボールの基本、まっすぐに進むボールのことです。
何をいまさら・・・
では、ないんですよ。
今日の画像で見られるでしょうかね?
ホームベースの真上から、ズームアップされ、ボールと打者との動きを映した画像。
ボールが綺麗にホームベース上をベースの側面と平行に通過する、まっすぐのボール。そうですストレート。
と言うのが、既に変化していることになるのです。
実は、本当に真上から投げ込んでいる投手は、まずいません。
必ず、腕の振りは斜めに振られ、もし、ボールがそのままの軌道で進むならば、必ずホームベース上では、斜めに通過するはずなんです。
でも、実際にはベールの側面と平行に通過するボールがストレートと言われます。そして、打者から見るとボールはまっすぐに進んでいるように見えるんです。
つまり、錯覚を見ていることになるのです。
ストレートと言われているボールは、実はまっすぐ進むボールではないんです。
そして、上下の高低差も同様に、実際と目に映るものとは違いがあるのです。
ボールはまっすぐに進んでくるのではなく、少し上に向かって進み、重力の影響で徐々に下降しながらベース上を通過してゆきます。
ただ、ボールが回転していて、ボールの縫い目が空気抵抗を生み出し、回転のないボールよりも下降度合いが少なくなります。
つまり、ボールがベース上を通過する状態を基本として、自然に従った軌道をとるボールがストレートと感じるようです。
簡単に言うと、ベース上を通過する軌道と速度になるように、手からやや上向きにボールが放たれると、打者はストレートと受け取るようです。
そして、ボールの回転により縫い目が空気抵抗を生み、本来の下降程度が少なくなると、浮き上がるボールに見えるようです。
この縫い目による空気抵抗の生み方によって、いろいろな方向にボールが変化し、その変化に応じ呼称が付けられるわけです。
ちなみに、これまでの検証で、銃から放たれた弾丸のような回転は、野球のボールでは必ず変化が起き、まっすぐには進むことはまずないそうです。
ただ、ボールの回転による空気抵抗とボールの進む勢いの差でボールの軌道が決まるため、回転による空気抵抗の力がボールの進む勢いよりも強く影響すると変化が始まりますし、回転による空気抵抗よりもボールの進む勢いが優っていると、変化せずそのままの軌道で進みます。なので、銃から放たれた弾丸のような横の回転があっても、まっすぐに進んでいたのでしょうね。
いずれにしても、打者は自分の基準、つまり勝手な思い込みの軌道を描きボールを打ち、目の前の投手の投げ込むボールとの差を補正して打っているということになるのです。
得意とする投手、不得意とする投手がいるのもうなずけますね。

再開

すみません。
だいぶ時間が経ってしまいました。
日々の話を載せればいいのですが・・・
それもままならないほど、怒涛の日々でした。
良くないですね。自分でも反省します。
でも、いろいろな経験もできました。
そして、皆さんに伝えたいこともいっぱいに。
ということで、再びブログ更新を開始いたします。
また、よろしくお願いいたします。

肩こり その1

「肩が凝る」のは嫌ですが、肩が凝るのは心とカラダのSOS
肩こりは、心臓疾患や脳血管障害など、命にも関わる疾患の症状の一つであることもあります。もちろん、整形外科の疾患の症状として出ることもあれば、眼精疲労、噛み合わせの問題でも起きることがあります。また、面倒臭い仕事や、問題が山積みの作業を前にしても、やはり肩が凝って来ます。
そう、肩が凝るのは、心とカラダが悲鳴をあげていることを気づかせるためのサインでもあるのです。
これに気づかないと、本当に壊れてしまうことにもなりかねないのです。
肩こりには、肩が凝っていると言う自覚があり、筋も実際にこわばっている、通常の肩こり、肩が凝っていると言う自覚はあるものの、筋はこわばっていない心理的な肩こり、肩こりと言う自覚は全く無いのに、実際には筋がこわばってしまっている、隠れ肩こりがあります。
一番怖いのは、隠れ肩こり、心とカラダのSOSが無視されている状態。
これだけは避けたいですね。
この状態はどうして起きてしまうのでしょうか?
原因を一つに限定はできませんが、特に多いのが、時間ストレスに追われ今、この時を大切にできていない状態が挙げられます。
どう言うことかと言うと、今に集中できず、「あの時、ああしておけば良かった・・・」「あれ、どうなってるっけ?」「これからの予定は・・・」など、過ぎた過去や、まだ訪れない未来に意識が飛んでしまっている状態が代表的ですね。
今の作業の中で、次のことを考えていたり、ひどいと、今の作業の中で、同時に3つも4つも違うことを考えていたり
こう言った人は、「しっかり休みをとって・・・」と言いながら、休んでいるその間に、次の仕事のこと考えていたり・・・頑張り過ぎです。
全く休んでなんかいません。
自分の心とカラダのSOSに気づく余裕もない状態です。
そんな状態になってはいないものの、やはり、この目に見えない時間に追われカラダの緊張、つまり肩こりとなっていることもしばしばです。
みなさんは、如何ですか?

続 寝る力

次はですよね。
枕も、柔らかさ硬さ、そして通気性に関しての考慮点は、基本的には、同じです。
問題となるのは高さですね。
実は、なぜ問題かと言うと、その日の仕事により最適な高さが日々変化し続けていることなんです。特に下を向く作業が長ければ長いほど頭が前に出た状態が長くなってしまいますし、また、気遣って、偏った状態にならないように、自分で動かすなど対応してあげているかどうか、あるいは無意識にそんな動きをしているかでも違ってきますよね。頭を後方に、つまり胸を張りながら上を向くことが少なければ少ないほど、頭は前に出やすくなってしまいます。その状態で、その形状に枕をあわせて行くと、徐々に高くなってゆくことになります。
上を向く作業が長い方は、大丈夫かと言うと、実はそうでもありません。上を向く時に胸を張りながら、カラダ全体を使っていれば良いのですが、首だけを使い上を向いてしまうと、首の弓なり状態が強くなってしまうことが考えられますよね。その場合は、頭だけでなく首の部分の補助も必要になりますよね。
一般的には、上を向く動作よりも下を向き続けることが圧倒的に多い生活です。下を向き続けるのは、精神衛生上も良くないんですよね…
実験から下を向いていると、気が沈みやすい、うつ傾向になりやすい(疾病のうつ病ではありませんよ。)、暗くなりやすいと言う結果が出ているそうです。字は違いますが、うつむくは、鬱(うつ)に向くかもしれないそうです。
胸を張りながら、空を見上げていますか?

もう一つ、枕の高さに関係するのが、腕をどれだけ使っていたか、手の作業が枕の高さにも影響してしまうんです。
横に寝た時に、通常は、肩甲骨が内側(背骨側)によってくれるのですが、腕を使いすぎて肩甲骨の周りの筋が硬くなると、この、肩甲骨の位置が調整されず、横に寝た時の頭の下の隙間が大きくなってしまいます。
その状態でいつもの高さの枕で寝た時に隙間ができた分、首が横に落ちる、つまり、横に曲げた状態となってしまうわけです。
その状態で一晩いたら、辛いですよね。
そして、当然ですがカラダの状態は、いつもどうかも重要ですが、その日の作業によっても簡単に、いつもと違う状態になってしまうこともあるんです。
なので、形状を計測してもらって、オリジナルの自分にあった枕を製作してもらうのはとても素晴らしいことなんですが、日によって変化が出るため、時間が経つと、あれ?と感じてしまうこともあるものです。
また、教科書的に「この位置が正しい」と言って強制すると、無理やりとなることもあり、首の症状を出してしまうことも良くあります。
近頃、「高いのは良くない」と急に低くしすぎて、めまいや頭痛を引き起こしてしまっている方が結構います。
何事も、ほどほど…ですね。
高さの基本は、上腕、いわゆる二の腕の厚みと思ってください。
横に寝た時に、通常は肩甲骨が高さを調整して二の腕の厚みまでは対応できるはずです。
それより低くなると、肩に負担をかけてしまい兼ねません。
この高さを基準に寝心地に合わせ、タオルなどを使って高さを調節して見てください。きっと、その日にあった寝心地の良い高さが見つけられるはずです。
また、柔らかさを求めながら高さを調整する場合には、枕の下にタオルをあてがい高さを調節するのも良いでしょう。
「寝る力」は、環境も大切です。気をつけましょう。

そして、是非、素敵な夢を見ながら快適な睡眠をとってください。
また明日も元気でありますよ〜に

寝る力

「寝る力」「食べる力」「笑う力」、元気に過ごすためにはこの三つは欠かせません。
今回はこの中の「寝る力」に関わるお話しです。
まずは、寝具
どのような寝具が良いんでしょうか?
よく尋ねられます。
ポイントは寝心地がいいもの…当たり前ですね。
でも、中には健康に良いからと言われ、寝心地が良く感じないのに我慢して使われている方も居るようです。
使っているうちに、その効果が体感できてくれば、もちろん素晴らしいと思いますが、通常は、快眠が妨げられるようではあまり良いとは言えません。自分自身の感覚も大切にしてくださいね。
さて、この寝心地ですが、実は、心とカラダのどちらの疲れが強いかによって違ってくるんです。
寝ている間の寝返りはストレッチ運動と言われているように、寝返りをすることで、カラダの疲労回復を促しているんですね。
ですから、カラダの疲労が強い時には、寝返りがしやすい比較的硬めの寝具の方が寝心地感が良く、翌朝のカラダも元気になりやすいのです。
逆に柔らかめの寝具は、寝返りが少なくなり十分なストレッチが出来ず、翌朝にカラダの強張りを感じてしまうことにもなりやすいようですね。
これに対し、心理的な疲労が強い場合は、体全体を包み込んでくれるような状態が好まれます。一つは、身体を包み込まれることによって、自分自身のカラダを自覚でき、安心できるとも言われています。また、カラダを預ける感覚は心理的にくる無駄な力を抜くのにも適しています。
ですから、心の疲れが強い時には柔らかめの寝具が心地よく感じることが多いと考えられています。
と言うことで、実は、心とカラダの負担、どちらが強かったかによって違ってきてしまうんです。なので、基本はどちらの負担が強いかを考慮して選ばれた方が良いかもしれませんね。
とは、言うものの、腰に問題を抱えている方は、心の負担が強いからと言って柔らかめの寝具ではカラダが悲鳴をあげることもあるし…
と言うことで、ちょっとした工夫なんですが
掛け布団をかえて見るのも一つの手かもしれません。
しっかりと自分のカラダを認識するなら少し重めの布団、また、包み込まれる感覚は、軽めの柔らかい布団を少しカラダに巻きつけることで得ることもできます。
これから暑くなりますが、丸めて抱きつくことでも同じような感覚が得られますし、抱きかかえた状態は肩甲骨が外側によるので、腕に体重が乗りにくくなり肩への負担も減らすことができます。
夜、手がしびれて起きたことある方もいるんじゃないでしょうか?
オススメです。
柔らかい、硬いは、決してどちらが良いとか悪いとかではないんですが、あえて言えば、柔らか過ぎも硬すぎも良くないですね。なので、最後は寝心地なんです。
また、心の負担もカラダの負担も予期しない負担を強いられることも良くあります。その時は、まず硬い寝具であれば、その上に薄めの柔らかいマットを敷くことで調整できます。それほど場所はとりませんから、準備しておいても損はないと思います。
また、柔らかい寝具であれば、シーツを二重にして見るのもオススメです。結構、柔らかいものでも、その上に伸びの良くない薄いシート状ののものをかぶせると、沈み込みを防ぐことができます。
逆に柔らかい方が良いのに、硬めのシーツを、ピンと張ってしまうとその効果が抑えられることもあるので注意してくださいね。
ちなみにビニールはあまり勧めません。
寝具は、通気性も重要。熱がこもりあまり良いとは言えませんので注意です。
どのタイプが良いかはやはり、その人次第ですから、いろいろ試して見てください。

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。